一生グーチョキバナナ

掘り下げて分解する。繋げて広がる。

ブログを始める

前々からブログは気になる表現手法ではあった。
比喩で遊びながら、私たちを惑わせているモヤモヤを解いていく試みをするのに、文字数が制限されず、記録として長く残せて振り返りも容易なところが魅力的だ。

必要な人に必要なタイミングで届いて欲しいと思っているので、長く残せる上に検索すれば引っかかるかもしれないブログの特性は相性が良かった。
運が良ければTwitterに流れることもできるし。

(そもそも、SNSとブログは特性が違い、SNSはフロー型、ブログはストック型というらしい)



だが、ブログ開設には大きな壁がある。

何もワードプレスで作るのではなく無料ブログでやるのだから、手間はないと思われるかもしれないが、どこでやるにしても「ペンネーム」と「ブログタイトル」「カテゴリ」で頭を悩ますのだ。

ペンネームは長く使用するものだし、外部でもその名で呼ばれることがあるからかなり気を遣う。

昔、ミクシィで使用したハンドルネームで年賀状が実家に届き続けているので迂闊なことができないのだ。

それに、こだわりもある。
まず読めること。難読だったり変換に手こずるのではいけない。
当面のスタンスとしては、比喩、深掘りを一緒に楽しむ仲間を探すつもりでいる。
しかしこの試み、おそらく大抵の人にどうでもよいことをつつき回すものだから、自分に声をかけてくれようなんて奇特な人は貴重である。

そんな数少ない人たちに負担をかけてレスを減らすわけにいかない。



そんなペンネームだが、
「モッサリもやし」となった。

私はブログ記事を書く前に、下書きをソムノートというクラウドメモに残している。
この下書きの編集日付を見ると2017年10月となっていたので、半年以上悩んだようだ。
それで結局、Twitterのプロフ画に適当に書いたキャラクターになった。

とはいえ、やはり名前であるから慎重になる。
うまくいかなかった時に名前のせいにしてしまう気がしたので、ペンネームの姓名判断を一応して納得の上で決めた。便利なものが無料であるものだ。



ブログタイトルは、とりあえずやりたいことを簡潔に書いておいた。
現在は、仮説あそびで「わかる」 となっている。
自分のスタンスが、解決よりも性質の分析と関連付けに向いていそうなので変更。
一生グーチョキバナナにする。
冒頭で少し趣旨に触れたが、この経緯はまた後で書いてみたいと思う。



それから、カテゴリー。
はてなブログをまだよく知らないので、現状カテゴリーは未定である。

ところでブログが思ったよりハイテクで驚いた。
お勧めの商品やサービスを記事につけられるのか。後々機会があれば利用してみようと思う。

今、お勧めのものとしては、記事内に出てきた下記である。こういうのはつけられないのだろうか?


●ソムノート

クラウドノートでブログの下書きに便利。シンプルなので、よく分からない機能に惑わされて使いにくいというストレスがない。
スマホ、パソコンで使用できる。

ペンネーム姓名判断

→当たらないと言われてもアレなのでURLは貼らない。無料で簡易的ながら、色々思いつく名前を入れたらそれなりに納得できる結果が出たのでペンネームをここで決めた。

●レイヤーペイント

→これは記事中にないが、プロフ画を描いたスマホアプリ。
繊細なイラストには向かないが、イメージをさっと描くには良い。
色の自由度がかなり高い。
拡大、縮小、傾き等の部分編集には向かない。
レイヤー機能が便利。


参考になれば。